LastGift ほこだて仏光堂

電話でのお問合せは022-346-1962

弔問の心得焼香献花玉串

焼香

仏教式

焼香の回数は、宗派により1回、2回、3回といろいろな考え方があり、いずれにせよ回数にこだわるよりは、1回であっても心を込めて焼香することが大切。

焼香の仕方

手順.1祭壇の数歩手前で遺族、僧侶に一礼し、霊前に進み遺影を仰いで深く一礼を。数珠は左手にかけ、右手の親指、人差し指、中指で抹香をつまみます。

手順.2頭は少し下げたまま、つまんだ抹香は目のあたりまでかかげ、香炉に少しずつくべます。回数は宗派によって違いますが、一般には3回。近年は会葬者多数の場合、よく念じて1回焼香とさせていただくこともございます

手順.3焼香がすんだら心を込めて合掌し、もう一度深く礼を。祭壇から数歩下がって僧侶、遺族に会釈し、席に戻ります。

線香のあげ方

手順.1僧侶、遺族に一礼し祭壇に進み、遺影に一礼して軽く合掌します。数珠は左手にかけ、右手で線香を1本とります。

手順.2ろうそくの炎を線香に移します。線香の炎は手であおいで消します。決して吹き消さないで下さい。

手順.3線香は香炉の奥から1本ずつ離して立てます。終わったら心から合掌して席に戻ります。

献花

キリスト教式、無宗教式

献花台に花を供えるときは、根本を祭壇側に、花を手前に向けて供える。

献花の仕方

手順.1花が右側に来るようにして右手は下から、左手は茎の上から軽く添えるように受けとります。

手順.2花を捧げてひつぎの前へ進んで霊前に一礼したら、左手を下に持ち直して花の根元を霊前に向けます。

手順.3献花台に捧げたら一礼し、2、3歩下がって手を合わせて祈ります。最後に神父または牧師、遺族に一礼します。

玉串

神式

献花と同じように、玉串を供える台に、根本を祭壇に向けて供える。 玉串を供えてから、「二礼二拍手一礼」、(2回拝礼してから、拍手を音をたてないように2度して、再び1回拝礼する。)

玉串奉奠の仕方

手順.1玉串は右手で上から枝元を持ち、左手で下から葉先を少し上げぎみにして受けます。

手順.2祭壇の手前で玉串を水平に時計回りに90度回し、左手と右手を持ちかえます。

手順.3持ちかえた手のまま、やはり時計回りに180度回し、枝元の方を祭壇に向けます。

手順.4玉串をささげ、一歩下がって遺影に二礼し、音を立てずに二拍手し、また一礼します。