LastGift ほこだて仏光堂

電話でのお問合せは022-346-1962

数珠

数珠

数珠は念珠(ねんじゅ)ともいって、御仏を拝むときに手に掛けて使います。 御仏の名号や経文を唱えるときに、その数を数えるのにも用いられます。

珠の数は大晦日の除夜の鐘と同じ108つが基本です。108の煩悩を断つこと、 あるいは108三味瞑想を表します。
数珠の数は異なり、108のほかに半分の「54」、4分の1 の「27」、 または108の3分の1の「36」などがあります。大きさや材質も 様々ございます。

数珠の持ち方 ふだんは左手に持つ。
合掌する時は、さまざまな持ち方があるが一例として両手を合わせ親指で押さえる。