一休館・角田

お急ぎの方
お問い合わせ
お急ぎの方
お問い合わせ
当店参考お見積り
会館設備のご案内
交通のご案内
会館から火葬場へのご案内
よくあるご質問

車でも公共交通機関(地下鉄・バス)でも
便利な立地

一休館角田アクセス情報
大切な人への「ありがとう」の気持ちを最高のかたちで
角田市役所近く、白石・大河原・柴田・村田など仙南地域からのアクセスも便利な家族葬対応の葬儀場です。
斎場は2ホール完備し、一般葬儀から家族葬まで幅広く対応いたします。
ほこだて仏光堂角田店も併設され、お葬式からお墓・お仏壇・仏具に至るまでトータルサポート致します。
駐車場あり
駅近くあり
親族控室有
宿泊可
安置施設
バリアフリー

事前に購入しておくと
葬儀サービスが一番お安く
うけられます。

毎月少しずつ、ご葬儀費用の積み立てをしませんか?

セレモニー商品券発売中!144,000円〜

セレモニー商品券について
一休館角田のこだわり
一休館角田は故人様とご家族が安心して
最後のひと時を過ごせるよう、
サービスを提案してまいります
安心の大型駐車場完備
いつでも利用できる3つの控室
複数ご葬儀も可能3つの式場
会館設備について

会館設備のご案内

葬祭ホール

一般葬ホール

50〜100名収容
⼀般葬から、⼤規模な社葬までさまざまなスタイルの
葬儀に対応可能です。

※現在、リニューアル工事中となっております。

遺族控え室

遺族控室

ご遺族控室

宿泊可能なご遺族控室。4名までのご宿泊が可能です。

駐車場

駐車場

最⼤150台駐⾞可能。
たくさんのご参列も安⼼してお迎えできます。

参列者の方にも優しい
充実した設備

ロビーラウンジ

明るく開放的なロビーで
ご参列の皆さまにおくつろぎいただけます。

施設情報

住所
宮城県角田市角田字大町36-3
電話番号
0224-63-3838
FAX
0224-63-5273
駐車場
150台収容
バリアフリー設備
あり
通夜対応
あり
最大宿泊人数
安置室
あり
車椅子貸し出し
あり
アメニティ
シャンプー、歯ブラシ、ドライヤー
収容人数(式場)
【1Fホール「酬恩/しゅうおん」】
200~300名収容
【2Fホール「大徳/だいとく」】
200~300名収容
収容人数
(式場座席数)
ご遺族面会
あり
併設火葬場
なし
宿泊
宿泊可
親族控室
あり
式場使用料
対応宗教
全宗教対応可
対応エリア
角田市、 白石市、 柴田町、 村田町、 大河原町

周辺施設
備考
【会館から火葬場へのご案内】
会館から火葬場までのご案内地図をダウンロードいただけます。
閲覧には、アドビ社のアドビ・アクロバットリーダーが必要です。
あぶくま斎苑までのご案内
Get-Adobe-Acrobat-Reader
アドビ・アクロバットリーダーのダウンロード

アクセス・地図

電車でのアクセス
【最寄駅】
阿武隈急行 角田駅(タクシー5分)
Get-Adobe-Acrobat-Reader
アドビ・アクロバットリーダーのダウンロード

MAP

Q

香典返しの内容や量がよくわからない

A

宮城、仙台、福島の地域の風習の違いがありますので、相場やご要望の多い品物などを葬祭ディレクターが豊富な経験からアドバイスさせていただきます。

Q

ご住職に差し上げる法事・葬儀の御布施の金額を教えてもらえませんか?

A

御布施につきましては、宗派,お寺,地域性によってそれぞれ異なります。直接、菩薩寺(先祖の位牌を供養しているお寺)のご住職に聞いて頂いたほうが良いと思います。 聞くことは決して失礼には当たりません。

Q

家族葬と一般的な葬儀はどう違うの?

A

一般的な葬儀は、家族や親戚、友人やご近所の方、会社関係の方など多くの方が参列し見送りを行います。家族葬は、家族・親戚・親しい友人のみが参列する葬儀です。家族葬には明確な定義はないのですが、ご親族や親しいご友人が参列する少人数の小さなご葬儀の総称として用いられます。基本的に必要なことや、式の流れは一般的な葬儀と変わりませんがご遺族の希望や故人のご遺志、想いが反映しやすいご葬儀にできます。

家族葬のメリットをご紹介します。
① 故人とゆっくりとお別れができる
一般的な葬儀の場合、参列客の対応であっという間に葬儀が終わってしまい、故人とゆっくり向き合う時間があまりありません。
家族葬は、親族と故人だけのお葬式ですので、故人との思い出を話したり、ひとりひとりが故人と向き合い、思いを馳せたり、故人とゆっくりとお別れができます。
② 費用を抑えられる
少人数のご葬儀ですので、費用を抑えることが可能です。
③ 手間が少ない
葬儀の準備も参列者も身内のみなので、弔問客への対応や香典返しなど全体的な手間を少なくすることができます。
④ 故人様のご遺志やご家族の希望に沿った式を上げやすい。
参列者が親しい人だけですので、外部の人の目を気にせず、自由な形式で行うことができます。故人が好きだったことや、希望を踏まえて、お葬式のスタイルを作ることができるのは、ひとつのメリットと言えるでしょう。
〈注意点〉お知らせする範囲に線引きをすることになります。「なぜ教えてくれなかったの?」と後日連絡が入り、訃報を知った方の対応に追われることも考えられます。ご家族様で十分にお話をされて、慎重に判断するようにしましょう。

よくあるご質問一覧