お迎えが来るとき

お急ぎの方
お問い合わせ
お急ぎの方
お問い合わせ

葬儀の基本が学べるスタッフブログ

この記事を書いた人はこちら

店舗部

早川

豊富な知識と経験で、皆さまにあったお仏壇・仏具選びをお手伝いします。お気軽にご相談ください。

葬儀について豆知識
2022年3月28日

お迎えが来るとき

誰にでも、いつか「お迎えの時」は来ます。私たち葬儀屋は、お亡くなりになられた故人様のお身体を、お迎えに行きます。その時、病院あるいは介護施設によって、対応は様々だと思います。

 

何せ、病院も介護施設も大変忙しいところです。お迎えに行くと、看護師の方がバタバタと忙しそうに、故人様を搬送車に乗せるのを手伝ってくれます。最後は出発する搬送車へ手を合わせてお見送りをし、またすぐにお仕事に戻られる。それがどの病院や施設でも精いっぱいだと思っておりました。

 

その中で、ひときわ印象に残った病院がありました。ある日、私が病室まで故人様をお迎えに行った時、その病院は、担当された医師の方や、看護師の方々が、お亡くなりになられたばかりの故人様を囲んで、故人様の家族の方々に声をかけておられました。

通常であれば、忙しそうにしている医師や看護師の方々が、その最後の時だけは、ゆっくりと、ご家族の心を癒すように、故人様を看病された日々を思い出し、語られていたのでした。医師や看護師の方々が、ご家族の方に、故人様のお人柄を思い出すように語られ、ご家族がそれを聞いて涙を拭っている姿を見て、私も思わず目頭を押さえてしまいました。「ああ、最後は家族に囲まれ、こんな温かく最後を看取られたい」そう思わずにはいられませんでした。

 

現在、私の母も、その時の病院でお世話になっております。母の病気は決して軽いものではありませんが、治療から帰ってきた母が、医師や看護師の方々とのエピソードを楽しそうに話しているのを聴いていると、その病院を選んで良かったと感じております。

 

お迎えが来る時。

自分の家族が、穏やかな最後を迎える環境であってほしい。その為にはその方に寄り添い、家族や協力してくれる周囲の方々の温かい支えが必要なのだと感じております。

キーワードで探す

カテゴリーから探す

合わせて読みたい
2022年3月28日
その他

葬祭部/大内

感謝と当たり前

当たり前と感じる事は日常の中で多くある事でしょう。 例えば運転中に青信号になったから進む、ごく当たり前の事ですよね。でも周囲のドライバーも信号を守ってくれて初めて成り立っている事を忘れたくないと感じて...

続きを見る >

合わせて読みたい
2022年3月28日
その他

店舗部/早川

避難区域の桜

福島県の富岡町には、『夜の森の桜』と呼ばれる桜の名所があります。 道路の沿道両側にずっと並んだ桜は、明治時代の植樹から始まり、樹齢80年以上の木も多く、訪れる人々を魅了します。   しかし東...

続きを見る >

合わせて読みたい
2022年3月28日
その他

店舗部/薄木

お願い、不動明王様!

ストレス鎮めるために、気分転換のため蔵王へドライブ。 新緑の中を走っていくと、心の中まで、スッキリ。 そして、びっくり! 何と、森の中から「不動明王様」が登場! でも、この「不動明王様」は普通の物とは...

続きを見る >