仏壇に手を合わせて意味はあるのか?

お急ぎの方
お問い合わせ
お急ぎの方
お問い合わせ

葬儀の基本が学べるスタッフブログ

この記事を書いた人はこちら

店舗部

早川

豊富な知識と経験で、皆さまにあったお仏壇・仏具選びをお手伝いします。お気軽にご相談ください。

その他
2022年3月28日

仏壇に手を合わせて意味はあるのか?

仏壇に手を合わせて、意味はあるのか?

 

 

「仏壇に手を合わせて、何か意味はあるんですか?」

あるお客様からの問いかけです。

 

私もこの問いかけには、非常に考えされせられるものがありました。

 

私の大先輩が、お客様にこう答えました。

「神様がいるのかどうか、私には分かりかねます。」

 

「しかし、仏壇に手を合わせるお客様の姿を見て、お子様たちは育ち、同じように手を合わせます。」

「そうして、やがてお客様が遥かな世に旅立たれた後も、お子様たちはご先祖様となったお客様に手を合わせ、ご供養する習慣、文化が残るのです。」

 

この大先輩の答えは非常に私にとってストンと心に入ってきた答えでした。

 

私も毎日、仏壇に手を合わせます。

それは両親、そして祖父母が、同じように脈々と受け継いでいきた習慣、文化であったのだと気づかされました。

神様がいるかどうかは私にもわかりません。

ただ、ご先祖様となってしまった、祖父母は間違いなく、この世に生きていたのです。

 

人事を尽くして努力する事は重要です。

そして人事を尽くし、残る1%、どうしても運頼みになった時に、普段から神仏を大事にしているかどうかで、このわずかな天秤の傾きが幸運へ傾く。そんな気がしてなりません。

 

余談になってしまいますが、この業界に入って、事業で成功されている方のお家にお伺いさせて頂くと、ほぼ100%と言っていいぐらい、神棚や仏壇をキレイに整えてあるのです。

 

ご先祖様に対する感謝の気持ちを忘れない事。

それが今、生きている自分の運気を高める気がします。

キーワードで探す

カテゴリーから探す

合わせて読みたい
2022年3月28日
その他

葬祭部/大内

感謝と当たり前

当たり前と感じる事は日常の中で多くある事でしょう。 例えば運転中に青信号になったから進む、ごく当たり前の事ですよね。でも周囲のドライバーも信号を守ってくれて初めて成り立っている事を忘れたくないと感じて...

続きを見る >

合わせて読みたい
2022年3月28日
その他

店舗部/早川

避難区域の桜

福島県の富岡町には、『夜の森の桜』と呼ばれる桜の名所があります。 道路の沿道両側にずっと並んだ桜は、明治時代の植樹から始まり、樹齢80年以上の木も多く、訪れる人々を魅了します。   しかし東...

続きを見る >

合わせて読みたい
2022年3月28日
その他

店舗部/薄木

お願い、不動明王様!

ストレス鎮めるために、気分転換のため蔵王へドライブ。 新緑の中を走っていくと、心の中まで、スッキリ。 そして、びっくり! 何と、森の中から「不動明王様」が登場! でも、この「不動明王様」は普通の物とは...

続きを見る >