数珠のお話

お急ぎの方
お問い合わせ
お急ぎの方
お問い合わせ

葬儀の基本が学べるスタッフブログ

この記事を書いた人はこちら

葬祭部

冨倉

お客様のご要望にひとつでも多くお応えできる様に元気と笑顔を絶やずに、対応させて頂きます。

葬儀について豆知識
2022年3月28日

数珠のお話

今日は成人になったら念珠を持つべき?という数珠のお話。

 

今年1月11日は成人の日でした。日本全国の、新成人の皆様、改めましておめでとうございます!新成人になられて、皆様は色々な事をやってみたい、挑戦したいと思われていると思います。しかし、時代はコロナ禍の真最中。外出も憚られる自粛ムードが漂っております。

 

その中でも、ネット売買などは好調のようです。外出できない代わりに、ネットで事を済ませるケースが増えております。成人になってから、皆さんは何をネットで買ったでしょうか?成人になって、一つ、持っていて損をしないものがあります。その一つが念珠です。

念珠と一口にいっても、宗派や、男女で形も変わってきますし、最近ではデザイン性を重視したブレスレットタイプなどもあります。念珠は、身内のお葬式、法要、弔問など、様々なケースで使うものです。

 

念珠を身に着けられたほうが、マナーのあるワンランク上の大人として見られる事でしょう。女性は念珠をもつ事により、厳粛なシーンの中でも、念珠によってワンポイントのアクセントをもつ事ができます。

また、念珠は無造作にバッグに入れるのではなく、念珠入れに入れる事によって、房の痛みなどを防ぎ、長持ちさせる事ができます。

 

ちなみに、私は父の形見の念珠と、自分の念珠、それぞれ持っております。父の念珠は20年以上も使われておりますが、色褪せておりません。良い念珠ほど、長持ちも致します。

相手への儀礼の意味もありますので、大事なワンシーンにおいて、大人の「マストアイテム」として、念珠を一つ持っておいた方がいいかもしれませんね。

キーワードで探す

カテゴリーから探す

合わせて読みたい
2022年3月28日
その他

葬祭部/大内

感謝と当たり前

当たり前と感じる事は日常の中で多くある事でしょう。 例えば運転中に青信号になったから進む、ごく当たり前の事ですよね。でも周囲のドライバーも信号を守ってくれて初めて成り立っている事を忘れたくないと感じて...

続きを見る >

合わせて読みたい
2022年3月28日
その他

店舗部/早川

避難区域の桜

福島県の富岡町には、『夜の森の桜』と呼ばれる桜の名所があります。 道路の沿道両側にずっと並んだ桜は、明治時代の植樹から始まり、樹齢80年以上の木も多く、訪れる人々を魅了します。   しかし東...

続きを見る >

合わせて読みたい
2022年3月28日
その他

店舗部/薄木

お願い、不動明王様!

ストレス鎮めるために、気分転換のため蔵王へドライブ。 新緑の中を走っていくと、心の中まで、スッキリ。 そして、びっくり! 何と、森の中から「不動明王様」が登場! でも、この「不動明王様」は普通の物とは...

続きを見る >