盂蘭盆会(うらぼんえ)

お急ぎの方
お問い合わせ
お急ぎの方
お問い合わせ

葬儀の基本が学べるスタッフブログ

この記事を書いた人はこちら

葬祭部

菊池

ご葬儀はご家族と、故人様が想い通わせることのできる最期のお時間だと思って います。最期のお時間、空間だからこそ、お客様の想いをカタチにすることを第一 に考えております。

豆知識
2022年3月28日

盂蘭盆会(うらぼんえ)

今回はお盆=盂蘭盆会(うらぼんえ)のお話です。

 

盂蘭盆会なんて不思議な名前だと思ってはいたのですが語源はインドのサンスクリット語で「ウラバンナ(逆さ吊り)」から来ているとのこと。由来としてはお釈迦様には十大弟子と呼ばれるお弟子さんの中に神通力に長けた目連尊者という方がいました。

 

ある日、目連尊者は亡くなった母親がその後どうなっているか神通力で調べた所、餓鬼の世界に堕ち、逆さ吊りにされ飢えと渇きに苦しんでいる事を知ります。目連尊者は神通力で母親に食べ物を与えようとしましたが餓鬼の世界所為なのか、目前で燃えてしまい届かなかったそうです。

 

なんとか助けたいと目連尊者がお釈迦様に相談した所、「大勢の僧が夏の修行を終える7月15日に、彼らに食べ物や飲み物を献じれば、その功徳により母を救う事ができよう」と説かれたそうです。目連尊者がその教えの通りにしたところ、その功徳によって母親は極楽往生を遂げる事ができました。

 

この話から父母、先祖、諸精霊(すべての魂や霊という意味)を供養する盂蘭盆会の行事が生まれたといわれています。お盆も残すところあと一日。今年はコロナの影響で帰省されない方も多いとは思いますが故人様が好きだった食べ物等を用意して一緒に食べるのもよいご供養になるかもしれませんね。

キーワードで探す

カテゴリーから探す

合わせて読みたい
2022年3月28日
その他

葬祭部/大内

感謝と当たり前

当たり前と感じる事は日常の中で多くある事でしょう。 例えば運転中に青信号になったから進む、ごく当たり前の事ですよね。でも周囲のドライバーも信号を守ってくれて初めて成り立っている事を忘れたくないと感じて...

続きを見る >

合わせて読みたい
2022年3月28日
その他

店舗部/早川

避難区域の桜

福島県の富岡町には、『夜の森の桜』と呼ばれる桜の名所があります。 道路の沿道両側にずっと並んだ桜は、明治時代の植樹から始まり、樹齢80年以上の木も多く、訪れる人々を魅了します。   しかし東...

続きを見る >

合わせて読みたい
2022年3月28日
その他

店舗部/薄木

お願い、不動明王様!

ストレス鎮めるために、気分転換のため蔵王へドライブ。 新緑の中を走っていくと、心の中まで、スッキリ。 そして、びっくり! 何と、森の中から「不動明王様」が登場! でも、この「不動明王様」は普通の物とは...

続きを見る >